所得税の控除見直し

所得税改正 2020年1月より

  所得税改正内容
基礎控除

控除額を一律10万円引き上げ

年収2400万円超から逓減し2500万円超で0円に

給与所得控除

年収800万円で控除の上限とし

800万円未満は控除額を縮小する

公的年金控除

年金収入1000万円で控除の上限とし

年金以外の所得税が1000万円超で控除10万円減少し

2000万円超で20万円減少

 

所得税の見直しについては上記の内容にて2020年1月で実施されるようになりました。

給与所得控除を一律で10万円引き下げ、さらに控除額の上限もいまの「年収1千万円以上で年220万円」から「800万円以上で年190万円」に引き下げますが、すべての納税者が受けられる基礎控除は、38万円から48万円に引き上げられます。年収800万円以下の人は、給与所得控除の縮小額と基礎控除の増加額が同じになり、増税にならない。年収800万円超から増税になり「900万円で年3万円」「1千万円で年6万円」の負担増となりますが個人事業主の方は年収2400万円未満までは減税となります。

 また22歳以下の子どもや、体が不自由で介護が必要な人がいる世帯は増税の対象から除外されます。
 
個人事業主の所得税率および計算方法や確定申告料金に関してはお気軽にお問い合わせから相談してください