税理士変更

税理士変更のタイミング

税理士変更についは、税理士の顧問契約とは一年の自由契約であり基本的には契約ですからいつでも解除できることの理解からはじまります

税理士変更のタイミングは、法人なら決算月で個人事業者なら確定申告終了がベストですが、法人税申告の期限は決算月の2か月後、個人の確定申告期限が3月15日と2か月ないし3か月のずれが生じるのが一般的です

税理士変更とあわせて社会保険労務士も変更されるお客様で社会保険の特別加入を事務組合にてされている方は社会保険労務士変更は3月末が一般的です

税理士変更の必要書類

税理士変更に必要な書類は、前期の法人または個人の確定申告書のコピー一式があれば十分ですが、確定申告書に税理士により減価償却費の内訳を合計金額にて記載しており、お客様に減価償却費の明細書をわたしていない税理士がおられますので税理士から減価償却明細書もらって頂きますとスムーズに税理士変更ができます

  • 前期の確定申告書
  • 減価償却費の明細書

税理士変更は上記の書類で問題なく変更できますが、下記の書類も頂ければより的確に税理士変更ができます

  • 定款
  • 法人設立届出書
  • 源泉所得税関係の届出書
  • 消費税関係の届出書
  • 総勘定元帳

税理士変更は遠方からでも問題ありません

税理士変更する際に他府県からでも大丈夫ですかという言う質問はよくありますが、電子申告にて税務申告いたしますので日本全国はもとより海外からでも問題はありません全ての税理士業務は電話またはメールやFAXにて十分ですし税務調査には私ども税理士事務所の所長が全国どこにでも税務調査立合いに行かせて頂きますので安心してご依頼できます

税理士変更を考えている遠方の方で税理士事務所職員または税理士の月次訪問など必要ないと思われるお客様は私ども税理士事務所の高品質で低料金のサービスをお問い合わせからお試しください

税理士の変更

税理士変更するにあたりサービスの概要や費用の見積りを依頼したいというのは当然のことで、当会計事務所では、報酬料金やサービス費用の内容の詳細を明示していますので遠方のお客様でも安心してご依頼できますのでお気軽に相談して下さい

税理士費用

確定申告の税目 税理士費用
法人税申告費用 80,000円~
所得税申告費用 30,000円~
消費税申告費用 10,000円~
相続税申告費用 150,000円~

(税抜き価格)

税理士変更を考えておられる方は、現在の顧問税理士に何かしらの不満をお持ちと思われますが私どもの税理士事務所では、お客様との信頼関係を第一に高品質のサービスの提供を致します

税理士変更は、073-482-4511にお電話していただくか、お問い合わせからメールにてご連絡ください